Jazzy-Shadeのブログ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アントニ・ガウディ
アントニ・ガウディ
(1852年6月25日 - 1926年6月10日)は、スペイン、カタルーニャ出身の建築家。
19世紀から20世紀にかけて、バルセロナを中心に活動した。
サグラダ・ファミリアをはじめとした、その作品は
アントニ・ガウディの作品群としてユネスコの世界遺産に登録されている。
彼の建築は曲線と細部の装飾を多用した、生物的な建築を得意とし、
その独創的なデザインは多くの建築家や芸術家に影響を与えた。
その設計手法は独自の構造力学的合理性と物語性に満ちた装飾の二つの側面より成立する。
装飾は形式的なものに留まらず、植物・動物・怪物・人間などをリアルに表現した。
「美しい形は構造的に安定している。構造は自然から学ばなければならない」と、
ガウディは自然の中に最高の形があると信じていた。
その背景には幼い頃、バルセロナ郊外の村で過ごし、
道端の草花や小さな生き物たちと触れ合った体験からきている。



そんな ガウディの最高の建築!!
楽器からイメージを得た 世界一大きな楽器!!!



サグラダ・ファミリア!!!





familia out
外から
(スケールが違います)空が綺麗でした。。

familia in
中から(屋根)
(これは、芸術ですよね。。)ため息が出ました。。

famila up
上から
(登ってみました!!バルセロナが一望出来ます)






そして、、

ガウディパークからのバルサの風景!!
park.jpg
(もう、ずっとここに居たい と思ってしまいました。。)


ガウディの残した、人類の可能性と想像力に脱帽です。
創造を形にする自信と、努力と、周りのサポート。。
アーティストとして、見習うべきところが沢山ありました!!

自分だけのアートをイメージし、創造し、形にする。
意外と難しいよね。。。



俺も、福井の自然の中で育ったから、いろいろイメージしてみたい!!
死後も尚、受け継がれるような芸術を残したい★

俺も、世界遺産に登録されるようなアーティストになりたいな。。



同じ人間やん、やってやれないことはないよね。。。

いくす Shade@イクスピアリ

頑張ろう!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
すごぃね
大きな楽器って発想がすでにスゴィょね

登ってこの景色見たぃなぁ~

綺麗すぎて泣きそうだけどね☆

イクスの写真もキレイ♪自分のしたい音楽を頑張って続けてne!!
【2008/12/14 07:16】 URL | sae #-[ 編集]

sae
ガウディは、すごかったよ!!
多分、相当ストイックだったんだろうね。。
事故で亡くなった時も、浮浪者並みの身なりだったみたい。。
芸術を生み出す苦労って大変なんだよね。
何かを犠牲にしなくちゃいけないしね。。
【2008/12/15 03:12】 URL | Shade #-[ 編集]

気になる~
私も実際に見に行きたい!!

そんなすごいなら尚更ね☆

才能ある人とか芸術家って、どこか人と違うもんね。。
【2008/12/16 00:22】 URL | sae #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。