Jazzy-Shadeのブログ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ついに大晦日か~
年末はかなりバタバタしました(笑)
師走ですもんね~

ジルティー忘年会…あれはひどかった(笑)

ほぼ毎日どこかの忘年会に顔を出してた気がします~?

そして今からカウントダウンライブ!!
歌に始まり、歌に終わる。。

今年も頑張りました♪来年も素敵な一年になりますように~

良いお年を★
スポンサーサイト

うぅぅううー

今日は、めっちゃ寒いなー
もう自転車乗りたくないわ(笑)

今日は、昼から新曲のレコーディングで、夜はJILTY SOUL大忘年会!!!

今年は、BU-NI宅でメンバー、スタッフ、仲間などなどが集まり、、
プレゼント交換(1人5000円まで)するみたいで、、
何にしようか めちゃ悩んでます…


ボケようか?、真面目にいくか??         

マドリッド!!
いよいよ、バルセロナから マドリッドへ移動★
今回は、陸路を利用

日本の新幹線みたいな AVE

ave.jpg

約2時間、車窓から外を見ていると、改めて 旅に来ていると実感!!

しかも、トンネルを抜けると、いきなりの雪景色
スペインなのに、田舎の冬を思い出していました。。


そして、2時間後、、
マドリッドの玄関 プエタ デル ソル駅に到着!!(すでに夜。。)


タクシーでホテルに向かい、

さっそく町へ

madrid.jpg
マドリッド市内 (おっしゃれーな店が立ち並ぶ)

マドリッドは、日本で例えると東京みたいな町で、バルセロナは、大阪っぽいな~
マドリッドは、都会的で洗練されているイメージで、、街も人もスタイリッシュでした★
ただ、バルセロナの人たちのほうが、もっと笑っていたような印象も受けました。。
この時、マドリッドは相当 寒かったからね それもあったのかもしれません...

ちなみに、この時見つけた Internet Cafeで、ブログを書いたんですよ(笑)
少し前の全部英語のやつ!!
あっちのネットは、コイン入れるやつで、モニターに1ユーロをいれると15分使えたっけ。。

とりあえず、
マネージャーと、母親にメールしないと と思い、コインを投入!!

いざと思いきや、気付く。。。”日本語って打てるん?”


あれこれと試してるうちに、チャリーン!!!

15分終了!!(殺意)


あれこれ、店員に聞きましたが、
向こうは英語をしゃべれず、こっちはスペイン語わからないから、

笑顔で "セイ グッバイ"

あきらめて、ローマ字でメールを送り、急いでブログを更新しました(笑)


地元のバルで、一人ビールを飲み、チャイナタウンでチャーハンを食べた♪
本当にチャイナタウンって、世界中どこにでもあり、安くて便利!!久しぶりのお米は美味しかったなー

若干、ホームシック(笑)



つづく

バルセロナ 最終日。。

もっともっと居たかった バルセロナも 遂に、、最終日で
最後に、ガウディの最高傑作を見に、

カサ.バトリョ

カサミラ

カサ・バトリョ(カタルーニャ語:Casa Batlló)は、
スペイン、バルセロナにあるアントニ・ガウディが手がけた建築物の1つ。
2005年にユネスコの世界遺産に登録される。

カサ・バトリョとはスペイン語(カスティーリャ語)発音によるもので、カタルーニャ語ではカザ・バッリョと発音する。バトリョ邸(バッリョ邸)。バルセロナ、アシャンプラのグラシア通り43番地に位置するカサ・バトリョは、1870年に建設された建物である。大繊維業者ジュゼップ・バッリョ・イ・カザノバスの依頼を受け、1904年から1906年にかけて、ガウディはこの邸宅の改築を行なった。この改築でガウディは、建物に5階と地下室を加え、玄関広間を広げ、階段や内壁を作り直し、各部屋に曲線的なデザインを持ち込んで、タイルやステンドグラスの装飾をほどこした。




100年も前に、
こんなにモダンなものが建てられたなんて、すごくない??



カサミラ中
内観1

カサミラ壁
内観2

カサミラ上
屋根裏


こんな屋根裏部屋に住んでみたい!!!
いい歌詞が書けそうじゃないですか~




今までたくさんの国に行き、やっぱり長く住んだ ロンドンが一番好きだったけど、
今回の旅で、バルセロナが第一位になりそうなくらい 素敵な町でした★

一日中、バスに乗ってるだけで楽しく、気候も人も良く、歴史や芸術、
サッカーに闘牛、そして海があり、食べ物も安く美味しく、ビールも安く、音楽も面白い。。


みなさん、是非バルセロナへ  no doubt !!


バルセロナ チャリンコ事情!!
まずは、俺がお世話になったホテル
”GOTICO”朝食も美味しく、親切で、クロワッサンをたくさん頂きました(笑)

gotico_20081215033118.jpg



そして、
東京での移動が、ほぼチャリな エコMC Shadeは、、
ヨーロッパのチャリにも興味があり、リサーチしたきました★


まずは、
これ!!!





tyari.jpg
エコ~!?
石畳をスイスイ キックしてました(笑)
速くはありませんんん。。






そして、、




ヨーロッパらしい、芸術品。。。
tyari2.jpg
欲しい。。。




そして、、、





そんな中、
町のDVD屋で、自分の映画を発見!!!
























Shade_20081215033232.jpg

SHADE(笑)

スペイン語の為、購入は断念!!

アントニ・ガウディ
アントニ・ガウディ
(1852年6月25日 - 1926年6月10日)は、スペイン、カタルーニャ出身の建築家。
19世紀から20世紀にかけて、バルセロナを中心に活動した。
サグラダ・ファミリアをはじめとした、その作品は
アントニ・ガウディの作品群としてユネスコの世界遺産に登録されている。
彼の建築は曲線と細部の装飾を多用した、生物的な建築を得意とし、
その独創的なデザインは多くの建築家や芸術家に影響を与えた。
その設計手法は独自の構造力学的合理性と物語性に満ちた装飾の二つの側面より成立する。
装飾は形式的なものに留まらず、植物・動物・怪物・人間などをリアルに表現した。
「美しい形は構造的に安定している。構造は自然から学ばなければならない」と、
ガウディは自然の中に最高の形があると信じていた。
その背景には幼い頃、バルセロナ郊外の村で過ごし、
道端の草花や小さな生き物たちと触れ合った体験からきている。



そんな ガウディの最高の建築!!
楽器からイメージを得た 世界一大きな楽器!!!



サグラダ・ファミリア!!!





familia out
外から
(スケールが違います)空が綺麗でした。。

familia in
中から(屋根)
(これは、芸術ですよね。。)ため息が出ました。。

famila up
上から
(登ってみました!!バルセロナが一望出来ます)






そして、、

ガウディパークからのバルサの風景!!
park.jpg
(もう、ずっとここに居たい と思ってしまいました。。)


ガウディの残した、人類の可能性と想像力に脱帽です。
創造を形にする自信と、努力と、周りのサポート。。
アーティストとして、見習うべきところが沢山ありました!!

自分だけのアートをイメージし、創造し、形にする。
意外と難しいよね。。。



俺も、福井の自然の中で育ったから、いろいろイメージしてみたい!!
死後も尚、受け継がれるような芸術を残したい★

俺も、世界遺産に登録されるようなアーティストになりたいな。。



同じ人間やん、やってやれないことはないよね。。。

いくす Shade@イクスピアリ

頑張ろう!!!

ストリートから生まれる音
イクスピアリライブ 無事に終わりました!!

昨日のチッタ、今日のイクスピアリ、、
スペイン帰りの 俺のラテン テンションに着いてきてくれて ありがとう★

楽しかったです!!!


それでは、お待ちかねのスペイン日記(笑)



ゴティコと 呼ばれるバルセロナ市内のゴシック地区で、
どこからともなく聞こえてきた ウッドベースとスパニッシュギター、そしてレゲエの歌。。

俺のアーティスト魂に火がつき、立ち止まる。。

HACIAというバンドらしい。。


なんか、かっこいい!!


俺の思い描いていた伝統的なスパニッシュ ミュージックとは、
明らかに違うが、むしろ、俺が聴きたかったのは、こういう進化した音楽♪


ウッドとスパニシュギターとレゲーの歌… どんだけ~クロスオヴァーやねん(笑)


ゴシック地区と呼ばれるだけあり、歴史を感じる建物を背に、
神懸かったかのように歌い、奏でるストリート ミュージシャン達、、


謎の楽器も登場し、その音色に心を打たれ…

gu.jpg

決してショウビジネスではなく、神に捧げているかのように、みんな良い顔をしている。


機材は古いし、マイクもないし、設備は日本の方が全然いいけど、
音質や設備じゃなく、アーティスト本来の気持ちが乗った音って、人に届くと感じました。。


日本は、贅沢です。。


俺も忘れてた何かを思い出した気がして、、
次の日に、このゴティコで マイクも無く、ただ心の感じるままフリースタイルをしてみました…
何だこのアジア人!?みたいな感じで、見られてたと思いますが。。


歌い終わった後、何とも言えない感じでした。。


2,3人のおっさんがビールを飲みながら、聴いててくれました。
それが、何よりうれしくて、言葉も通じませんが、最高に楽しかった!!!


歌いたい側と聞きたい側の距離が すごく近く、
その間に邪魔するものがなくて、、
素直な表現に、素直な耳を傾けてくれる、そんな場所でした。。

また、あの場所で歌いたいな~♪



もちろん、
HACIAのCDは、即GETしました!!

hacia2.jpg

聴きたい人いる??




次は、偉大なるアーティスト ガウディに続く



バルセロナ1日目
ようやくバルセロナのホテルへ到着
(現在、まだ荷物は届いてない)

もったいないから、とりあえず町へ出る★

はぁ~
久しぶりのヨーロッパ。。
町並みを堪能しながら、石畳を歩く。
保険で落ちる範囲で、着替えや日常品を購入のはずが、、
街はクリスマスセールの真っ最中(笑)
イルミネーションも綺麗でした!!

イルミネーション
余計な物までも、もちろん購入


そして夜。。
ロンドン時代の親友 村上りゅうじと再会☆

ryuuji.jpg
このりゅうさん、
すごい方で、ユーラシア大陸をロバで横断(笑)
そのまま、ロンドンへ来て、そこで俺と出会う。

男としてのスケールがでかく、優しい九州男児。
現在、バルセロナで日本食屋を経営している。


そんな彼と一日遅れで出会い、さっそく飲むことに…


絶対、日本人が来れないとこ連れてってやると、
港近くのCAVA屋へ (CAVAはスペインのシャンパン)
完全 立ち飲みスタイルの大混雑のバル。。
お会計も自己申告制とめっちゃアバウト(笑)

しかも、、
カバ1杯 約100円!!、皿一杯の厚切り 生ハム100円!!!と、100均状態(笑)

cava.jpg

いや~カバ飲んで、ハムやチーズを食べて、1000円いかないって、さすがスペイン!

天井には、生ハムがズラリ。。

hamu.jpg


時差ボケと酒で、結構酔ってきた俺を、りゅうさんは次の店へ。


怪しい路地を歩き、着いたのがシードル屋さん
シードルはリンゴで造ったワインみたいな感じで、何より飲み方が独特でした(笑)

一組にグラスは1つのみで、
そのグラスに、ボトルを頭の上からつぎ、一気に飲む!!

poco.jpg
こんな感じ(笑) こぼしても良いように、下にはバケツが。。

そこまでして、上からつぐ意味はあるのかと、疑問を感じたのは、俺が日本人だからかな。。


初めて覚えたスペイン語は、この時、店の親父が言った
「ポコ ラピット」でした(笑) ポコは、少し! ラピットは、早く!!

どうも、俺は規定量より多くつぎ、呑むのが遅かったみたい(笑) ごめんね~親父!!


とりあえず、何杯呑んだかな~もうふらふらで、また次の店。。

少し帰りたいが、りゅうさんは、せっかく来たんだからと...(涙)

次は、謎のでかい おちょこで飲む、謎の酒。
これは何だったのか、未だに分からない(笑)

でも、バルセロナの海の幸にめっちゃマッチしてた気がする。。

この時は、さすがに写真を撮る 元気もありませんでした


やっと、開放され、
ゴシック地区のホテルに帰る途中に、、出会ってしまいました。。

HACIA

hacia.jpg

つづく

ただいま!!
帰国後すぐに、大阪ツアーがあったり、、かなり、バタバタしていました。。
旅の疲れか、風邪をひき+時差ボケで、相当死んでました

少し元気になり、やっと、ようやく筆をとれます。。


とりあえず、みんな~  ただいま!!!
無事に、ヨーロッパから帰国しました

20代の頃と変わらず、相変わらずの珍道中でした(笑)が、、

今回のスペインとイタリアで、改めて実感した事は、、
本来の音楽のあるべき姿と、過去の歴史、そして日本のすばらしさです。


全部話すと長くなるので、今日はまず、、日本の素晴らしさから いこうかな。。


日本では当たり前の事が、海外では当たり前じゃないことがあります(笑)
俺は 初日に、その懐かしい洗礼に出会うことに。。


成田から11時間かけて、乗り換え地のローマ ダビンチ空港へ到着。
当然のように、バルセロナへ向かう乗り継ぎ便のカウンターへ行きますよね。。

そしたら、現地のアリタリア航空のイタリアーノは、何と言ったと思う??


イタリア人: 今日、乗客数少ないから 飛行機飛ばないよ…
俺: なんで?
イタリア人: オイル高いし。。
俺: いや、知らないし。 とりあえず何とかして!!
イタリア人: 明日の朝まで待てば飛ぶから、いいじゃん 今日は、ローマに泊まんなよ。

こんな感じ 
ユルユルでしょ(笑) そん時は全く笑えなかったけど。。



挙句の果てに、、

俺: じゃ 成田で預けた俺の荷物は???
イタリア人: あっ それはバルセロナに行ってるから ドント ウォリー。。


って おい!!
俺、めっちゃウォリーやけど。。着替えもないし…



結果、2時間くらい粘って、いろんなカウンターを廻ったが、、結果は同じ。。


あきらめて、ローマの空港近くのホテルで、ふて寝しました。。 
腹がたって 全く寝れなかったのは、言うまでもないよね。


まっ でもね、、何とか次の日
念願のバルセロナへ到着しましたよ、俺。。


次なる悲劇 再来…

なんと、



荷物が届いてない。。。



俺、あのグルグル回るトコで待ってたのよ、愛しの俺のスーツケースを。。
ずーっと
ずーっと


最後はね、荷物が一つも無くなって、あのクルクル君が 止まりました。。。


職員に調べてもらうと、

あっ、荷物まだローマだね と。。。


心優しい俺も、あの時は、殺意を覚えました(笑)



結局、その日の夜に、無事にスーツケースがホテルに届き、一安心しましたが、、
この海外の 恐ろしいルーズさを 改めて感じた初日でした。。


日本はしっかりしてるよ!! 
こんなこと 絶対、ありえないし、、あったら大問題になるよね~

日本は素晴らしい、良い国です 万歳!!


でね、ローマから日本の旅行保険会社に
このウルトラマンみたいな公衆電話から電話したんよ。。

tel.jpg


そしたら、必要な物は現地で購入して、後で請求してくださいと。。

さすが日本!太っ腹!!



日本に生まれて 良かったよ!!!



つづく



それはそうと、
今週は 水木曜日にライブです!!

水曜が 川崎チッタ (ゲスト スカパラ、ソイルなどなど)で、
木曜が 舞浜イクスピアリ (ゲスト 傳田 真央)です。。

よろしくねー

From MADRID-SPAIN...
HELLO..

I AM IN MADRID,
SORRY I CANT USE JAPANESE THIS PC.

I AM FINE AND ENJOY MY TRIP.

I MET SO NICE MUSICIAN IN BARCERONA.
GUITARIST, SINGER, BASS, MANY MANY,,,
MUSIC IS ALWAYS ALIVING AND CHANGING EVERYDAY..
THEY BREAK THE ROOTS, THEN MAKE A NU-SOUND ALWAYS.
I MET RAGGE SINGER WHO SING A SRANISH TRACK..
I FEEL COMFORTABLE TO MEET NEW SOUND, SO KOOL.

MADRID IS LITTLE BIT COLD, BUT PEOPLE IS HOT AND REALLY NICE TOME.

I WILL GO TO ITALY TOMMOROW, ROMA..
I REALLY LOOKING FORWARD TO VISIT ROMA.

WHAT CAN I FEEL AND TOUCH..

SEE YOU SOON..
SHADE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。